不動産売却の手数料の相場は?

マンションや一戸建てといった不動産売却を行う際は、出来るだけ高い価格で売却したいと考える人が多いです。ですがその際、知り合いにその不動産物件に強い興味を持っている人でもいない限りは、自力で買い手を探し出すというのは難しかったりします。なので不動産業者に仲介を依頼して、買い手を探して貰うという方法が一般的な家売る時の流れです。
ですがそんな風に、仲介の不動産業者を利用すると、売買が成立した際には当然ですが仲介手数料という形でお金を支払う事になります。不動産業者は基本的に、売り手と買い手を結び付ける事で手数料を取り儲けを出しているので、高く取れればそれだけ儲けが大きくなるものです。なので気になるのが、不動産売却の際に不動産業者に支払うお金の相場だったりします。
もっとも実の所、不動産業者が取る手数料には法律で上限が設けられており、それ以上取るのは違法行為です。なので取られる金額に大差はありませんが、取引額に応じて、上限も変動するのでその点には注意が必要だったりします。ちなみに取引額が200万円以下では上限は5パーセント以内で、取引額が200万円を超えると4パーセント、更に400万円以上になると3パーセント以内です。
しかも基本的に不動産業者というのは、買い手も売り手も同時に担当し、どちらからも手数料を取るケースが多かったりします。そのため広告費を削る等の経営努力をしつつ、買い手と売り手のどちらかの手数料を無料にするという方法を、行う不動産業者も増えているのです。なので不動産売却の際は、その点にも注意する必要があります。