カードローンとは?どんな借り入れができる?

カードローンとは、ローン専用のカードが発行され、ATMでそのカードを使って借り入れや返済ができるローンのことを言います。ほとんどのカードローン審査甘いは、不動産などの担保を必要とせず、保証人を付けずに借り入れができるため、保証会社による審査が必須となる場合がほとんどです。

申込者の信用情報機関によるクレジットヒストリーと、収入の額を審査した結果、利用限度額が決められ、限度額の範囲内なら何度でも借り入れができるのが大きな特徴です。比較的まとまった額を借り入れできることから、月々の約定日に決まった額を分割で返済することが多いです。返済方法はリボ払いによるものがほとんどで、毎月一定額の支払いとなるため、返済計画が立てやすくなっています。規定の締め日の借入残高から、返済額が決められますが、早く返済して利息の額を少なくしたい場合には、ATMから随時返済を行って総支払額を少なくすることも可能となります。

カードローンには、消費者金融と銀行で扱われているものに大別されます。消費者金融では、総量規制が適用され、年収の3分の1以内までの借り入れしか認められていません。給料日のつなぎなどの用途で、必要最低限の額を借り入れし、その都度返すのに向いています。また、何らかの職業に就いていないと、申し込めません。

銀行では、総量規制の適用外ですので、消費者金融と比べて大きな額を借りられる可能性もあります。複数社の借り入れを一本化する、おまとめローンの目的で借りる方も見られます。銀行によっては、職業に就いていない専業主婦や学生についても借り入れ申し込みを認めている場合がありますが、利用限度額が低めに抑えられ、増額を希望しても通らない可能性が高いです。